Googleクチコミマスターに俺はなる!




ふーさん
前回はGoogleローカルガイドについていろいろ書いたのですが、バッジのついて書いてなかったので紹介したいと思います。

そもそもバッジで何やねん!
と思う方もいると思いますが、バッジは自分が投稿した口コミの内容に応じてもらえる称号みたいなものです。

Googleアカウント

ローカルガイドのバッジの横にある、緑や青のイラストが「バッジ」というものです。
ある一定の条件をクリアすれば、自分のプロフィール画面にバッジが表示されるようになります。
バッジがある事によって何が変わるのかというと、

「おっ、この人バッジもってるじゃん!すげー!」

たまたまプロフ画面まで来た人に、そう思ってもらえるというメリットがあります。

バッジには種類がある

2019年1月の時点で、Googleさんが提供しているバッジは5種類があります。

  • クチコミバッジ
  • 写真バッジ
  • 開拓バッジ
  • 情報確認バッジ
  • ディレクターバッジ

それぞれ獲得するための条件があります。
その条件をクリアしていくと、ビキナーバッジからエキスパートバッジ、そしてマスターバッジへと成長していくのです。

私もクチコミバッジだけ、マスターまで成長させることが出来ました。
いずれはすべてのバッジを取得して、マスターまで成長させたいと思っていますが、なかなか厳しい道のりです。

クチコミバッジ

クチコミバッジ
みんなが知りたい場所について、詳細な口コミを書いてくれたら私が進呈されるぞ!ユーザーが共感してくれるような内容を書くのがレベルアップにつながるぞ!

主に、クチコミの内容を重視されるのがこのバッジの特徴です。
レベルアップの方法も、クチコミの数を書くということ、200文字以上の詳細な口コミを書くということ、書いた口コミが他人に高評価されることが条件になっています。

クチコミバッジの進化過程

クチコミビギナーは、3件投稿しただけで取得できます。
エキスパートから、200文字以上という制限や、5件の高評価という外部からの評価が高くなければなれません。
とは言っても、書き続けていれば知らぬ間に、高評価も増えていくことが多いのでマスターを取得するのはそこまで難しくはありません。
最初は200文字制限がしんどいかと思いますが、高評価をもらえればモチベーションアップにもつながります。

写真バッジ

写真バッジ
みんなが興味を持ちそうな写真を投稿してくれ!画像は情報量が多いので良く見られます。魅力的な写真を投稿してくれ!

文字よりもはるかに情報量が多い写真。
クチコミに写真を添付することで、このバッジが贈呈されます。
投稿数や写真を追加した場所の数、その写真が何回見られるかということがレベルアップのカギになります。

写真バッジの進化過程

私も、まだマスターになってません。
そのため、写真マスターの項目のみグレーで隠されています。
手っ取り早くマスターになろうと思うと、1か所につき、10枚の写真を投稿して、1,000回写真を見られればマスターになれます。
表示回数は写真を投稿すれば、時間の経過と共に伸びていくのですが、追加した写真1,000枚がかなりきつい。

今年中に意地でもマスターになってやろうと思ってます。

開拓バッジ

開拓バッジ
あんたがその場所について、初めて口コミをしたり写真を投稿したり開拓してくれたらこの開拓バッジを贈呈しましょう!

新しい場所やお店を自分でどんどん開拓していく人に贈られるバッジです。
簡単に言うけど、初めて口コミを書いたり写真を投稿するって難しいんです。
常にアンテナを張って、新しい店が出来た瞬間に行くくらいの気持ちでないと、なかなか一番にはなれないんだよなぁ。

開拓バッジの進化過程

実際に私も開拓は難しすぎて、ビギナー止まりです。
最初の口コミや写真は、アンテナを張っていたらまだ何とかなるのですが、追加した承認済みの場所というのがかなりきつい。

基本的には、オーナーさんが自分のお店をGooglemapに情報を載せると思うのですが、それよりも早く載せないといけないって事です。
自分でお店を出したっていう人なら良いですが、場所すらない所に自分で作り出すのはパワーがいります。

ちなみに私はビギナーですが、写真は7か所、クチコミは14か所投稿していまが、場所がまだ2件。
個人的には一番難しいバッジだと思っています。
マスターはほど遠いかな。

情報確認バッジ

情報確認バッジ
クチコミを投稿する場所の情報が正しいか、正しくないかという判断をしてほしい。しっかり正しい情報をくれた人に贈呈されるバッジです。

Googlemapには、お店の電話番号やら、営業時間やら、定休日が書かれています。その情報が間違っていたら、大変ですよね。
情報確認バッジは、間違った情報を正すことで評価されます。

情報確認バッジの進化過程

これもなかなか進化させるには難しいバッジです。
情報にミスがないかという事を見つけ出さないといけないのです。
この情報が間違っているのではないかと思うと、正しい情報をGoogleさんに提案します。提案したことにより、Googleさんがその地域のローカルガイドさんに指摘された情報が本当に合っているかどうかという確認をするのです。

提案した人には、提案した承認済み編集。
提案を確認した人には、確認した編集の件数が増えるのです。
回答は、Googleさんから訪れたことがあるお店について、たまに質問されます。
トイレがありますか?車いす対応ですか?と言った答えやすい内容ばかりです。二択で答えればいいだけなので大した作業ではありません。
しかし、提案と確認の100件がきつすぎるので、マスターは程遠い。

ディレクターバッジ

ディレクターバッジ
写真よりもさらに情報量が多い、動画を載せてくれた人に贈呈されるバッジです。最近できたんだよ

写真もあるから動画もある。
実はこのバッジの存在を知ったのは最近でした。あとから追加されたバッジの一つでもあります。写真はよく撮るけど、動画ってあまり撮らないんだよなぁ。

ディレクターバッジの進化過程

動画ってあんま撮らないんだよなぁと言った結果がこれ。
ビギナーすら獲得していません。
っていうか、後から追加された割に、マスターまでの道のりがめちゃめちゃきつくないっすか?
動画なので1つの情報量が多いため、同じ店で何個もアップしにくい。
それなのに写真と同じ1,000件はきつい…。

出来ればコンプリートしたい気持ちはありましたが、これは諦めます。
動画を1,000件保存出来るほどの携帯の容量の空きもないしね。(言い訳)

バッジを取得することのメリット

バッジを取得することで得られるメリットは、今のところほぼありません。
ただ、恐らくバッジが多い人ほど表示に関して優遇されることはあると思います。
ローカルガイドレベルが同じで、クチコミマスターと、ビギナーのどちらの口コミの信頼度が高いかというと一目瞭然です。
ローカルガイドのレベルのようにひたすら投稿していけばレベルが上がるものでなく、表示回数や第三者の評価が大事になってきます。
今はまだまだ表面的なメリットは少ないかもしれませんが、今後必ず需要は上がってくると思います。

という事を信じて、私はとりあえずマスターを目指して頑張っていきたいと思います。
もし同じように、バッジ集めを頑張っている方がいれば色んな情報を頂ければ嬉しいです。
ローカルガイドに関しては下記の記事に詳しく書いています。
良ければ見てあげてください。

Googleローカルガイドのレベル上げにハマってる件

2019年2月6日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを読んでいただきありがとうございます! 医者に余命10か月と言われ、実家に帰り、水菜を食べたら治ったという夢を見ました。という事で、2019年のラッキーアイテムは「水菜」に決まりました。週に3回は水菜を食べている、ただの水菜好きです。 よろしくお願いいたします。