ブログのキーワード選定は何個がベスト?




SEOに効果的なブログを書く際に、決めなければいけないのはキーワード!
しっかり決めてタイトルや文章中に入れないと、検索した時にヒットしません。

ふーさん
一生懸命書いたのに誰にも見てもらえないのは悲しすぎます。

自分が書いた記事やブログを見てほしいなら、キーワードをしっかり選定することが大事なのです。

キーワードを選定する理由

私たちは調べものをするとき、検索窓にキーワードを打って調べます。

私は最近、「インディード、ナミ」という2つのキーワードでネット検索を行いました。
インディードとワンピースのコラボCMに出ていたナミ役のモデルさんが、あまりにもキレイで気になって調べたのです。
モデルさんの名前が分かると、さらに詳しく情報を検索していきました。
「泉里香、胸」と…。

このように、ユーザーは知りたい情報をキーワードで検索していくのです。

ブログを書く私たちは、情報を発信する側です。
ユーザーが、検索するワードを想定して、求めている情報を与えなければいけません。
そのため自分が書いたブログが、どんな検索ワードで調べた時に表示されるか、考えておく必要があるのです。

好きなことを書く趣味ブログで、上位表示もしたくないという人はキーワードを気にしなくても大丈夫です。
ユーザーに情報を届けたい、たくさん検索されてPVを増やしたいと思うのであれば、検索キーワードの選定は必須です。

選定したキーワードの使い道

選定したキーワードの使い道は3つです。

使い道
・タイトルに入れる
・見出しにも入れる
・文章中にも散りばめる
まずタイトルにキーワードを入れることは必須です。
入れなければ、どんな内容のブログを書いているかユーザーに伝わりません。
見出しにもキーワードを入れることで、より検索されやすくなります。
文章中にも散りばめることで、検索キーワードについて多くの情報が載っていると認識されます。

選定したキーワードは文章中で使い道がたくさんあるということ!

ビックワードとロングテールワード

よく検索されるキーワードを、ビックワードといいます。

私が住んでいる「大阪」という地名は、ビックワードです。
Googleで大阪というキーワードで調べると、約18億のページが検索結果で出てきました。


この中で上位表示を狙うのは無謀すぎます。

でも、「大阪」というビックワードだけで調べる人は、ほとんどいません。
大阪の観光地を探しているのであれば、「大阪、観光地」と調べるし、さらに踏み込んで「大阪、観光地、おすすめ」まで調べる人もたくさんいます。

このように、ユーザーはビックワードだけでなく、いくつかキーワードを複合させて検索することが多いのです。

キーワードが1つ:「大阪」

キーワードが3つ:「大阪、観光地、おすすめ」

このようにキーワードを複合させていくことをロングテールSEOと呼びます。キーワードが多いほど長くなっていくので、「尻尾」にように見えることからそう呼ばれています。

ロングテールSEOでライバルを減らせ

ちなみにこのブログのページは、「ブログ、キーワード選定、何個」の3つで上位表示を狙っています。

ブログで検索したとき、WEBページは、約20億ページ。
ブログ+キーワード選定だと、360万ページ。
ブログ+キーワード選定+何個だと、100万ページ。

まだまだライバルは多いけど、狙うキーワードを多くするほど減っていくのです。
しかも「何個」というニッチなキーワードを入れています。
ブログを書く人で、キーワードを選定したいけど、何個くらい入れれば良いか分からないなぁ。

ふーさん
そんな人にこの情報、届けー!!
って思いながら書いているわけです。

おすすめキーワードは3つ狙い

SEOで上位表示させたいのであれば、選んだキーワードは、すべてタイトルに入れなければいけません。
そのため、狙ったキーワードが多すぎるとタイトルが長くなってしまったり、魅力的なタイトルを作るのが難しくなってしまいます。
かと言って、キーワードが2つだと競合が多すぎるので上位表示される可能性が低くなってしまいます。 

私が一番おすすめするキーワードの数は3つです。
長さも適切で、分かりやすいタイトルをつけることが出来るので、ユーザーが求めている情報とマッチする可能性が高いのです。

書きたい内容からキーワードを選定する

ロングテールSEOでは、キーワードを決めてから、ブログを書くという人が多いと思います。
キーワードを探して、文章の構成を考えて、内容を肉付けしていくというのがWEBライティングの基本かもしれません。

しかし、私は逆の考え方をしています。
書きたい内容のブログがあるから、そのブログを検索してもらうためのキーワードを探すのです。
そうじゃないと、ワクワクしないし、なかなかタイピングが進まないんです。
伝えたいことを考えているうちに、いくつか重要なワードが出てきます。
その中から、ユーザーが検索しそうなキーワードを3つほど選んであげてください。
それを軸にして文章を書くようになってから、私はキーワードの選定が少し楽になり、ブログを書くのが楽しくなりました。
是非実践してみて下さい。

共起語を検索ツールで調べて文章にぶち込め

2019年2月16日

キーワードの個数が決まったら共起語について勉強してもいいかもしれません。
より幅が広がり、文章も書きやすくなります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを読んでいただきありがとうございます! 医者に余命10か月と言われ、実家に帰り、水菜を食べたら治ったという夢を見ました。という事で、2019年のラッキーアイテムは「水菜」に決まりました。週に3回は水菜を食べている、ただの水菜好きです。 よろしくお願いいたします。