北陸のハワイ!福井県水島で海水浴を楽しむコツ




大阪からでも気軽に行けるキレイな海。
その中でも、福井県にある水島という場所がキレイすぎてインスタ映えすると話題に。
アクセス方法や、上手に船に乗るコツ、クラゲをいるの?

ふーさん
そんな疑問に答えつつ、私が思った水島を楽しむコツをお伝えします!

透明度が高い水島海水浴場

北陸のハワイ「水島」

ハワイや沖縄に行きたいけど、行く時間もお金もない。
そんな人におすすめなのが「水島」です。
無人島なので、360度海に囲まれています。
福井県の海水浴場と言えば水晶浜が人気ですが、透明度の高さは水島の方が圧倒的にキレイでした。

実際に2018年の夏に行ってきました。
感想を一言で表すと、「めちゃくちゃキレイだけど、すごく疲れる。」です。

水島へのアクセスは船に乗る

Googleマップから見た水島

水島に行くのであれば、車がおすすめです。
北陸自動車道、敦賀ICから県道33号線、県道141号線を北上してきます。
時間でいうと35~40分くらいかかります。
JR敦賀駅前からバスも出ています。

海岸線沿いを北上していくと、船着き場があります。
そう、水島は船でしか行けません。
水島からの船の運航状況は、1時間に1本。
朝の9時から運行しています。

数年前まで、水島の認知度は高くなかったので、船を待つという事はありませんでした。
しかし、ここ近年では船を待たなければいけません。
土日やお盆は人が多いことを見越して、本数も多くなっていますが、1時間以上待たなければいけないこともあります。

2018年の時刻表

上記が時刻表ですが、一番混む時間帯が、10:00~13:00です。
早めに行って、早めに帰ってくるという方法もありますが、私は14:00出発の遅めの便で行きました。
13時半ごろに、駐車場について、着替えてちょうど待ち時間なしで乗れました。

ふーさん
ってか、船着き場からもうすでに水がキレイなんだが。

いざ、水島へ出発!!
海水浴に行くために船に乗るだけで、ワクワク感が倍増します。
結構揺れるので、弱い人は酔い止めを飲んでおいたほうがいいかも。
直接水島にいくのかなぁと思いきや、浦底という船着き場に1度寄ってから向かいます。

水島の海水浴の休憩ポイント

水島到着!透明度バツグン!

水島に到着したときに驚いたのは、水質ではなく、並んでいる人の数。
次の船に乗ろうとしている人がたくさん並んでいました。

ふーさん
うわぁ…行きよりも帰りの方が絶対に並ばなあかんやつやん。やばいなぁ。
そう思いながら、島の中心地に向かって歩いていきました。
地図で見ると、小さな島に見えますが以外と広い。
松のある場所まで300メートルくらいかかりました。

水島中心にある松

ビーチパラソルを持っていれば大丈夫ですが、日陰が欲しければ松がある所まで歩いて行った方がいいです。
ここにしか日陰はありません。
ただ地面には、松の葉がたくさん落ちていて、素足で歩くには痛い。
海の中も岩があるの、サンダルは必須です。
ここを拠点にして、荷物を置き、海に遊びに行きました。

水島マップ

簡単な水島マップを作ってみました。
私たちは、②のファミリー層やカップルがたくさんいるポイントで休憩しました。
①は、チャラい人や怖い人が多いイメージ。船で来ている人もいましたが、ジェットスキーで直接乗り入れている人も多かったです。
ロケーション的には、砂浜もキレイでおすすめですが、ビーチパラソルがないとかなりきつい。

①のチャラい人が多いゾーン

③は、荷物が重すぎて②まで辿り着けなった人や、船を待っている人であふれています。
そのため水質もあまりキレイではありません。

私がシュノーケリングをした場所が④の所。
ここに大きな筏もあり、その筏周辺にクロダイなどの大型の魚もいました。
透明度も高く泳ぎやすかったです。
⑤はクラゲが多くて、泳いでいる人はいませんでした。
⑥は、黒っぽい岩がたくさんあり、かなり不気味でした。こちらも泳いでいる人はいませんでした。

水島の良かった所ベスト3

水島の良かった所ベスト3!

  1. 水質の良さ
  2. 遊びに来たという満足感
  3. 船に乗ったこと

まず水質が本当に良かった。
砂浜付近は人が多かったため少し濁っていましたが、海に入って少し泳いでいくと透明度が高い!
遠浅で3メートルくらい真下まではっきり見えました。
泳いでいた魚はキスや、カワハギ
沖にはプラスチックの筏も置いてあり、その周辺ではクロダイなども泳いでいました。
せっかく水島に行ったのであれば是非シュノーケリングをしてみてください。
流れもほとんどないので、泳ぎやすいです。
そして、心配していたクラゲがいない。(8月中旬)

砂浜では人が多くリラックスできませんでしたが、海で浮き輪に浮かんでいると心が和らぎました。
わざわざ船にまで乗ってきたという、達成感がすごかったです。

水島の悪かった所ベスト3

クラゲをつついているふーさん

良かった所もあれば悪かった所もあります。

  1. トイレには行く気にならなかった。
  2. 船の待ち時間がかなりある。
  3. 島の北部にはクラゲが大量発生。

トイレはあると聞いていたのですが、実際に見てみると汚すぎて使う気が起きなかった。
よっぽどの事がない限り使いたいとは思いませんでした。
多分みんな小さい方だと、海の中でしていると思う。

島の南部はクラゲは全くいませんでした。
しかし、北部はクラゲが大量発生してました。
ただ、北部は泳ぐ人がいないので南側より水質がめちゃくちゃキレイ!

桟橋方向に長蛇の列

この写真は、私たちがついてしばらくたった時に撮りました。
写真の奥の方に長蛇の列があるの分かるでしょうか。
行きよりも。帰りの方が炎天下の中、ベタベタの体で待たなければならないので大変です。

水島に行くなら

最終便で桟橋に並んでいる人達

ここからは、水島に行って私が思ったことを書いていきます。
あくまでも私が思ったことなので、参考になるかわからないです。

荷物は最小限に

ふーさん
荷物は少なめの方がいいと思います。水島は無人島なので、何もありません。

そのため、ビーチパラソルや真水や着替えなど大量に持ち込んでいる人がたくさんいました。
荷物が多すぎるので、台車に載せて運んでいる人もいましたが、見ていて辛そうでした。

だって、砂浜だから全然台車進んでないんだもん!!

松の木までかなり距離あるし、かなりしんどそうでした。
持っていきたい気持ちはわかるけど、荷物が多い人のせいで、船に乗れる人も少なくなるし、出し入れに時間がかかる。
自分がしんどいだけならいいけど、他人にも迷惑かけてました。

私が持っていったものは、リュックとクーラーボックスとビニール袋です。
リュックには、浮き輪、シュノーケル、パーカー、折りたたみテーブル、ビニールシート、タオルが入っています。
クーラーボックスには、チューハイ5本とおつまみ。
ゴミはちゃんと持ち帰ります。

貴重品は持っていかない

ふーさん
特に、財布なんて無駄です。だって何も買う所ないんだもん。
船に乗るときに払う1,200円と万が一の時にために1,000円だけ持っていきました。
置き引きに合いそうなものは極力持っていかないこと。
私は彼女と2人で言ったので、泳ぎにいくときは荷物をほったらかしていきました。
携帯は2人で1つだけ持っていきました。
首から下げれる防水ケースに入れて常に持っていました。

遅めに行って最後に帰る

ふーさん
時間に余裕があるのなら最終便で!
私は2時の船で水島に渡り、最終便(この日は臨時便が出ていたので17時)で帰ってきました。
最終便が来る直前に、係員の人の案内があります。

「次が最終便なので、そろそろ準備してくださ~い」
それから帰る準備をし、ゆっくり桟橋まで歩くとちょうど船が来ました。
結果待ち時間なしで船に乗ることが出来ました。
人が多かったら更なる臨時の船もあるので、ゆっくり帰るのがおすすめです。
早く帰っても、船着き場の更衣室やシャワーは人でいっぱいです。

近くの民宿に泊まるのもおすすめ

私たちが泊まった所

遅く行って、ゆっくり帰ってくる。
そんな方は近くに宿をとることをおすすめします。
水島付近には、民宿がたくさんありますので比較的安価でご利用することが出来ます。

私たちは近くに宿があったので、並んでまでシャワーをしたり更衣室で着替えたりする必要がありませんでした。
宿をとっていなかったら、ストレスや疲れを感じやすいと思います。
特にバスは最終の時間が18時半と以外と早く、シャワーを浴びれずに、着替えて帰っている人もいました。
時間に余裕をもって帰れる、近くに宿があるというだけでもかなり心強かったです。

それでも水島に行って良かった!

民宿からの夕焼け

水島にもう1回行きたいですか?
そう聞かれると、少し迷います。笑

でも、1回も行ったことがないのであれば行くのをおすすめします。 
大阪や近畿からいける海水浴場でここまでキレイなのは珍しい。
白良浜なんかと比べものになりません。
行くのであれば、なるべく荷物は少なめで行ってみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを読んでいただきありがとうございます! 医者に余命10か月と言われ、実家に帰り、水菜を食べたら治ったという夢を見ました。という事で、2019年のラッキーアイテムは「水菜」に決まりました。週に3回は水菜を食べている、ただの水菜好きです。 よろしくお願いいたします。