沖縄の珍スポット山田水車屋って知ってる?




ふーさん
沖縄の観光スポットと言えば、ちゅら海水族館、国際通りなど色々ありますが、私は山田水車屋を推してます。

沖縄の観光スポットは行きつくして、どこか面白い場所に行きたい!
ちょっとしたスリルを味わいたい!
ついでに沖縄名物ソーキそばを食べたい!

そんな人におすすめです。

山田水車屋へのアクセス

山田水車屋とは、沖縄県恩納村にあるソーキそばのお店です。
ただ、そこにバンジージャンプというアトラクションをはじめ、少年の心を揺さぶるものをたくさん体験できる場所でもあります。
那覇市内から国道58号線を北上していくと、右手に見えてきます。


フォレストパークや琉球村の近くが近くにありますが、個人的にはこちらの方がドキドキ体験が出来るのでおすすめ。
軽く1時間は時間をつぶせます。
南部から北部に遊びに行く際に、お昼の休憩所として利用するのもいいかもしれません。

圧巻の手作りバンジージャンプ

山田水車小屋のバンジー

山田水車小屋に入ると、すぐに目につくのがバンジージャンプ。
完全手作りなので、大丈夫かいなと思いますが、耐久テストもしっかり繰り返しているのだそう。
初めて乗る際はどんな動きをするか予想外なので、かなり怖い。

おっちゃんに上げられる

バンジーは二人乗り。
おじちゃんが電動クレーンで上の方まで上げてくれる。
不安定なのでかなり揺れる。
さて、ここからどんな動きをするかといと…

動画なのでネタバレ注意!!
バンジージャンプ!!

最初、大きな音とともに落下します。笑
そこから開けた場所に放り出される感じです。
これを手作りで作ったのはすごい。

ちなみに、停電時は乗ることが出来ませんのでご注意を。

落ちたらヤバイ、スライダー

実は、バンジージャンプよりもハラハラするアトラクションがあります。
それは手作りスライダーです。
恐らく1回体験するのに200円かかります。
バンジージャンプのさらに奥にあるのですが…

スライダーの入口

「ここに入ってはいけません」という立て看板が。
でも、体験するためにはここに入って上っていかなければいけません。

スライダーまでの道のり

どんどん登っていきます。
工場にあるパレットを何段も積み重ねて階段になっています。
グラグラするし、柵はないし、隙間から下は見えるし、スライダーをする前から怖い。

上からの風景はこんな感じ。

スライダーのてっぺん

ここからおっちゃんの手作りスライダーが落ちていくわけです。

こちらも動画なのでネタバレ注意です!!
恐怖のスライダー

体重が重ければ重いほどスピードが出ます。
私は50キロくらいしかないのでかな~りゆっくり下ってきました。
一応ブレーキもありますが、そこまで期待しない方がいいかも。

ソーキそばも美味しい

山田水車屋のソーキそば

バンジージャンプが有名だけど、ソーキそばも美味しいです。日によって量がかなり変わるような気もします。
おじちゃんの気分かな?

バンジージャンプとセットになっている、バンジーそばがおすすめ。
ちなみに1,000円です。

店内の落書き

店内の和室の壁には、たくさんの落書きが。
今まで来店した人が書いていったみたい。
有名人のサインとかもあるので探してみてはいかがでしょうか。
もちろん私も書いておきました。

かわいいウサギ

ウサギやヤギなどの動物もいます。
人に慣れているのか近づいてきてくれます。
餌も販売しているので餌やり体験もできます。

バンジーが怖いという人は、動物と触れ合ってみてもいいかもしれません。
あと、ヤギの鳴き声爆笑必須です。

ナイトスクープでも放送されていた

以前から山田水車小屋はあったのですが、ブームになったのが探偵ナイトスクープに出たことがきっかけとか。
そりゃぁ、これだけ手の込んだアトラクションがあったら探偵さんも来るわな。
山田水車小屋は、今回紹介した以外にも楽しむポイントはたくさんあります。
実際に行って体験してみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを読んでいただきありがとうございます! 医者に余命10か月と言われ、実家に帰り、水菜を食べたら治ったという夢を見ました。という事で、2019年のラッキーアイテムは「水菜」に決まりました。週に3回は水菜を食べている、ただの水菜好きです。 よろしくお願いいたします。