ブログを書く時にパーマリンクを変更せよ!




みなさんはパーマリンクの変更をしていますか?
色んな人のブログを見ていると、パーマリンクを気にせず投稿している人をよく見ます。
簡単にできるし、SEO的にも変更した方が絶対に良いのに。

パーマリンクとは何か

パーマリンクとは、投稿した記事やブログのURLのことです。
ちなみに私のブログで投稿すると、こんな感じになります。

〇〇がパーマリンク

上記のURLの〇〇〇に入る部分を自由に決めることが出来るのです。
ワードプレスでブログを書いている人は、毎回ブログを書くたびに自動生成されます。
ブログを投稿した日付やポスト名がパーマリンクに設定される事がよくあります。
例えば、2019年3月1日に、ブログを書いた場合こうなります。

日付とポストIDが入ったパーマリンク

この他にもタイトルがそのまま反映されることもあります。

アメブロやはてなブログ(プロ以外)を使っている人はパーマリンクの変更が出来ないのでご注意を。

パーマリンクはSEOにも効果がある

Googleが記事やブログをインデックス(読み込む)するとき、パーマリンクも読み込みます。
私は、パーマリンクはGoogleにアピールする場所だと思っています。

日付や投稿IDなんて、Googleからすればただの数字で意味を持ちません。
いつ書いたか、何番目の記事かなんて関係ないのです。

ふーさん
Googleがブログで最も知りたいのは、どんな内容で書かれているかという事なのです。
パーマリンクを変更することで、〇〇について書かれているとGoogleに宣言しているのです。
ちなみに、この記事のパーマリンクはこんな感じにしました。

このブログのパーマリンク

パーマリンクをチェンジ!
分かりやすいでしょ?
Googleもこれを見たら、パーマリンクをチェンジするような内容が書かれているんだと分かるわけです。

パーマリンクは英語が好ましい

先ほど、このブログのパーマリンクを紹介しました。
わざわざ英単語に変更しているのにはワケがあります。
実はパーマリンクを日本語で付けた場合、文字化けを起こすのです。

例えば、このブログのタイトルに近い内容で、パーマリンクを付けたとしましょう。

エンコード前のパーマリンク

あ~いいね!
日本語だと分かりやすいじゃん!
でも実際にこのパーマリンクがエンコードされると…

エンコードされたパーマリンク
ふーさん
うわっ!ながっ!!
そして、意味わからん!!
となるわけです。
こうなってしまっては、Googleもワケわからんとなります。

Googleにも分かりやすいように、自分のブログのキーワードを英単語に直してからパーマリンクに入れてあげてください。

パーマリンクは短い方が良い

Googleはシンプルで分かりやすいものを好みます。
そのため、パーマリンクもなるべくシンプルにしてあげた方が良いのです。
無駄な物は極力省き、どんな内容が伝えてあげることが大事なのです。
そのため、キーワードを入れるとしても2~3個くらいがいいでしょう。
そう考えると日本語の文字化けは恐ろしい。

パーマリンクが長くても、短くても、書いている内容に関係ありません。
それであれば、SEOの効果が出やすい短いパーマリンクにするべきなのです。

パーマリンクを変更する際の注意点

ここまで読んだら、パーマリンクを変更した方が良いと思う人も多いでしょう。
でも変更する前に、デメリットも知っておいてください。

あーちゃん
まず、今まで全くパーマリンクの事を考えてこなかったから、これからは英単語のパーマリンクにしよう!
ふーさん
これはオッケーです。これから変更をかけていく分は構いません。
あーちゃん
今までのブログのパーマリンクはテキトーだったな。
これを機会にすべてのパーマリンクを変更してみよう!
ふーさん
これはちょっと待ってください!パーマリンクを変更することで大きなデメリットがあるかもしれません。
これから書くブログのパーマリンクを変更するのと、これまでに書いたブログのパーマリンクを変更するのではリスクが大きく変わってきます。
特に大きなリスクは2つです。

拡散された記事のURLが無効になる

パーマリンクを変更するという事は、ブログのURLを変更するということです。
ブログで書いた記事をTwitterやFacebookで紹介していたとします。
そのブログが面白くて、リツイートされ拡散されたとします。
でも、あとからパーマリンクが気に入らないからと言って新しく変更しました。
でも拡散されたリンクは古いままなので、アクセス出来ないのです。

せっかく広まったものがゼロからのスタートになってしまうのです。

SEOの評価もゼロになる

自分の書いた記事が上位に表示されていたとしても、URLが変更されることによってゼロからのスタートになります。
再びインデックスされるには、時間がかかるし、上位に表示されるかも分かりません。
今まで積み上げてきたSEO評価がなくなってしまうので、人気の記事のアクセスも一気に落ちてしまいます。
そのため、アクセスが多い記事を所有している人であれば変更するデメリットの方が大きいと思います。

パーマリンクの設定は初期に行うべき

ふーさん
ブログを始めた当初の私に言ってやりたい言葉です。
私も実は、パーマリンクの設定をし忘れていました。
(ちゃんと英単語でSEOを意識していたのですが、無駄な日付が入っていて長くなっていた)

これに気づいたのが1か月後でした。

かなり悩んだ末に、変更しました。

この時の私のブログの記事数は16。
そして、月間PVは1,000ちょっと。
今後を長い目で見れば、変更しておいた方がいいかなと判断しました。
ワードプレスのパーマリンク設定は、一括で変更されます。
今までの記事のパーマリンクはそのままで、これからの記事のパーマリンクは日付をなくすという事は出来ないのです。

後から変更するのは、かなり勇気がいります。
パーマリンクの設定は必ず初期に行ってください!

パーマリンクの設定変更の仕方

パーマリンクを変更するリスクを知った上で変更するのであれば構いません。
ワードプレスの場合、ボタン1つで変更することが出来ます。

ダッシュボードの設定から、パーマリンク設定に入ってください。

パーマリンク設定変更画面

私は、現在上から5個目の「投稿名」に設定しています。
自分の設定したいものに設定すれば大丈夫です。

ふーさん
上から順に説明していきたいと思います。

多くのワードプレスの初期設定はこの投稿IDが自動的に作られるものになっていることが多いです。URLの長さは短いのですが、意味のあるものに変えてあげなければSEOの効果を得られません。

私が使用している「ストーク」というテーマは初期設定がこれでした。
悪くはないのですが、URLが長い。
当初は気づかず投稿していましたが、途中で変更しました。月と投稿名もほとんど同じなので省いています。

こちらも投稿IDとよく似ていますが、より省略された形になります。
分かりやすいですがSEOには効果がありません。

私が一番おすすめするパーマリンクです。
自由に決めれて、長さも短い。
迷うというより、これしかありません。

URL内にカテゴリーを入れたい、日付もいれたいなど、自由にカスタムできるパーマリンクです。
基本的に長くなるのでそこまでおすすめしません。
唯一良い点は、アナリティクスで解析したときに何の記事か分かりやすく出来るくらいです。

パーマリンクの変更は必然ではない

私はシンプルなURLにしたかったので、すべてのパーマリンクを変更しました。
しかし、極端なパーマリンク(日本語が入っている、文字の羅列が長い)でない限り、必ず変更するものではありません。
変更する際は、リスクを考えてから変更してください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを読んでいただきありがとうございます! 医者に余命10か月と言われ、実家に帰り、水菜を食べたら治ったという夢を見ました。という事で、2019年のラッキーアイテムは「水菜」に決まりました。週に3回は水菜を食べている、ただの水菜好きです。 よろしくお願いいたします。