GoogleはSEO対策が嫌なんやろなぁ。




たまに、ブログでSEO対策について書いています。
SEO対策って答えがないし、何が正しいのかも分からない。
でも、みんな上位に表示させたいから頑張って対策をするわけです。

ふーさん
GoogleにとってはSEO対策とかしてくるやつも、言葉自体も嫌なんやろなぁ…

ふと、そんなことを思ってしまいました。
それを踏まえて、今後上がりそうな記事や、下がりそうな記事を自分で推測してみました。暇だったら読んであげて下さい。

SEO対策に答えはないから大変

SEO対策って、確かな物があるわけではないのです。
だからみんな上位表示させるために、色んな事を試行錯誤しています。

そしてその試行錯誤の中から、タイトルにキーワードを入れたら上位表示されやすくなったとか、共起語を入れたら上がりやすいとか、文字数が関係しているのではないかとか、色んなSEO対策が生まれました。

誰もが、自分が書いた記事やブログが上位表示してほしいと思っていて、多くの人に見てもらいたいと思っています。

でも、その中でも本当にgoogleに気に入られて上位表示されるのはほんの一握り。
SEO対策ってつくづく大変だなぁと思うわけです。

GoogleはSEO対策を嫌っている

Googleは、検索する人のことを一番に考えています。
その人が求めている情報かどうか、知りたい情報を与えているのかという事をコミットしているのです。

たいした内容でもないのに、お金をかけてSEO対策が完璧なサイトとかは絶対に嫌いだと思うんですよ。

WEBサイトは、お金をかければかけるほど、情報量もページ数も大きいものを作ることが出来ます。
普通に考えて私のように趣味でやっているブログなんて、大企業に絶対に適いません。
それでも、本当に良い記事は上位表示されるんです。
お金を積んで上表示させるならリスティング広告で十分。
たぶん、Googleもそう思っているはず。

Googleも完璧ではないので、ユーザーが求める情報を出してあげたいのに、SEO対策だけされた中身のない情報を表示することがあります。
情報は入っているけど、タラタラと文字数を意識しただけの記事も未だに上位に表示されることもあります。

ふーさん
知りたい情報はどこに書いてあるねん!見つけるのが大変やわ!

これからは多分、このような記事は下がっていくんだろうなと思うわけです。
情報が多くても、見つけるのが大変だもん。

昔は上位表示されていた外部リンクがたくさん貼ったサイトは、今では全く見なくなりました。
こんな感じで、検索者に不必要な情報って淘汰されていくんだろうなぁ。

SEO対策用の対策をGoogleがしてくるかもしれないよな。
そう考えると、SEOって何なんだろう。恐ろしい。

今後下がるかもしれない記事

これはあくまでも推測です。
当たるかもしれませんし、外れるかもしれません。

  • 文字数が多いだけの記事
    これはさっき言ったように、必要な情報が見つけにくい。
    文字数も大事だけどやっぱり書いている中身や、知りたい事を教えてくれるようなサイトが生き残るんじゃないかな。
  • ランキング記事
    なんかもう、最近ランキングとか信じられなくなっちゃった。どこかの誰かが1位の物を売りたいがために作っているような気がしてならない。昔は物を購入するときランキングを調べたりしたけど、最近は参考程度にするくらいで信用できない。
  • 情報だけをまとめた記事
    この前、大阪のデートスポットについて調べたんです。
    大阪のデートスポット10選!とか、おすすめのデートスポット50選とか。
    色んな情報がたくさんあるのは良いけど、このような記事が多すぎて分からなくなる。1つ1つのデートスポットの内容も薄いし。おすすめのカフェや居酒屋もそうだよ。どこの何が良いのかちゃんと分からない。
  • 誰が書いたか分からない記事
    医療系の記事や、脱毛の記事が軒並みアクセスが減ったのもこれ。一般人が書いた病気の記事より、先生が書いた記事の方が信頼できる。最近記事にも「〇〇先生が監修~」とか書いてあるとやっぱり信頼できるもん。
    誰が書いたか分からない記事は実績がなかったら上がりにくいかも。まぁこれは自分もなんだけど。

他にも、思いついたら書いていくけど、とりあえずこれぐらいかな。

今後上がるかもしれない記事

これはさっきの逆が多いかも。

  • オリジナリティがある記事
    以前ライティングの記事を書いているとき、色々調べていたんだけど、同じような内容の記事ばっかり。多少文言を変えているけど、コピーライティングのコピーが溢れている。その中に自分の感想や表現を入れるのは絶対に必要だと思う。コピーのコピーなんてロボットでも出来るから、自分でしか書けない表現や言葉がすごく大事になると思う。
  • 体験型の記事
    さっきの、デートスポットの話にもどるけど、そこでどんなことが出来るのかというのが知りたい情報になると思う。でもそれって実際に行った人にしか分からないことで、行ったからこそ伝えれる事があると思う。
    そんな情報が詰まっている記事って宝だと思うし、経験はお金では買えない。
  • クチコミ系の記事
    やっぱり他の人がどんな事を考えているのかって気になると思う。Googleマップでのクチコミも最近みんな良くみるようになったんじゃない?
    私もよく見ます。体験型の記事と似ているけど、生の言葉の威力は大きいと思う。
  • 画像が多い記事
    画像って言っても、フリー画像じゃなくて、その人が実際に撮ったオリジナルな写真や、作った画像。
    その記事にしか貼ってない画像なら、価値は出るし、みんな見たいと思う。
  • 人物が写っている記事
    これもさっきの反対なんだけど、誰が書いたかわかる記事って信用できると思う。名前だけでも信用度が上がるけど、顔出しだったらなおさら信用できる。あと、見ようって気持ちになる。

これも推測だから本当のところどうか分からない。
けど、私は上記の事がしっかりしているサイトや記事だったら読みたいなぁと思う。

SEO対策の意味がないんじゃないか

たまにSEOについて書いている自分が、こんな事いうのも本末転倒なんだけど。
これも推測だけどSEO対策にも、対策されそうな気がする。
というか、最近SEO対策をしている所が多すぎて、もはやしたからと言って多分上がらないと思う。
SEO対策をしている記事が飽和状態になってしまっている感じ。
その中でも上位に表示されるのって、本当に人のためになるような情報が含まれている記事だと思う。

と、今回は独り言でした。

ふーさん
自分もそんな記事をかけるように頑張っていきたいなぁ。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログを読んでいただきありがとうございます! 医者に余命10か月と言われ、実家に帰り、水菜を食べたら治ったという夢を見ました。という事で、2019年のラッキーアイテムは「水菜」に決まりました。週に3回は水菜を食べている、ただの水菜好きです。 よろしくお願いいたします。